美術館でティータイム

先日、リニューアルOPENした庭園美術館に行きました。
庭園美術館と言えば、アール・デコの宝庫の本館(旧朝香宮邸)が有名ですが、
建替えられた新館の紹介です。本館を含む全体の説明は コチラ をどうぞ。

庭園に向かって開放的でモダンな新館です。大きな2つの展示室があります。
01_2067-450.jpg

本館からの通路は、新館のロビーに期待感に溢れて導かれます。
02_2160-450.jpg

通路の庭園側壁は、特殊なガラス(三保谷硝子製)を通して見える景色が、
微妙に歪んで、昭和の初期から平成にタイムスリップします。
03_2175-450_20161219014052bf2.jpg

天井の低い通路から解放されると、新館のロビーです。
04_2170-450.jpg
新館では クリスチャン・ボルタンスキーのインスタレーションを展示中でしたが、
これは少し説明が長くなるので・・・ ただ本館での鼓動の音はチョット?でした。

アール・デコの余韻を楽しみながら、カフェ・ド・パレでティータイム。
ガラス越しの暮れゆく庭園は、徐々に室内の景色に映り変わります。
05_2178-450.jpg

シフォンケーキのオレンジショコラは、アール・デコ模様のケーキピックがお皿
の模様と同じです。ノリタケと共同開発のオリジナル食器だそうです。
06_2184-450.jpg

ライトアップされた木々と月の光に照らされて、心豊かな帰り道。
07_2195-450.jpg

喧騒の都会で此処は別世界。たまには楽しくタイムトラベルは如何?

続けよう支援、気をつけよう 「余震、節電、放射能

一級建築士事務所のブログ設計への取り組み

FNS・フジネットワーク緊急災害時 動物支援本部Natural Dog Style
スポンサーサイト

テーマ : ワンコ日記
ジャンル : ペット

ざいもく家

先日、等々力の築120年以上?の日本家屋“ざいもく家”でランチしました。

純和風の建物で、中華料理? 以前は和食だったとか?
01_4298-450_20160323020735aec.jpg

広縁の先は、離れの蔵。蔵の前に部屋が増築されています。
02_4295-450.jpg

蔵の前の部屋から見た蔵の入口です。
03_4293-450.jpg

蔵の中の部屋。薄暗くて高い天井が、イイ感じで落ち着きます。
04_4292-450.jpg
掘りごたつの席で頂いた料理は、食べるのに夢中で写真を撮り忘れました。
ランチプレートは、リーズナブルな値段でボリュームも充分でした。

離れに保存された、茅葺の穀倉は明治8年築造。世田谷区指定有形文化財。
05_4300-450.jpg

蔵と並んで、風景は明治にタイムスリップ。駐車場の脇は等々力渓谷。
06_4304-450.jpg

この旧家(鈴木家)は、農業のかたわら、木材を青梅や五日市あたりから
多摩川を筏流しで運び、炭や薪、材木を商っていたそうです。
ホッと一息、和みの空間で、時の流れを楽しむことが出来ました。

続けよう支援、気をつけよう 「余震、節電、放射能

一級建築士事務所のブログ設計への取り組み

FNS・フジネットワーク緊急災害時 動物支援本部Natural Dog Style

テーマ : ワンコ日記
ジャンル : ペット

ホッと一息

友人との打合せで、落合の“カフェ傳”に行ってきました。ルナは留守番です。
所在地:中野区上高田1-1-1 03-3368-4263

早稲田通りから少し入った所に、ひっそりと炭火珈琲のサイン。
アパートに沿って、長めのアプローチ。初めての人は少し不安かな?
01_8572-450.jpg

アパートの1階角にあるケーキの店“傳心庵”を曲がると、正面にカフェの入口。
02_8566-450_20150301120228989.jpg

微妙な床レベルのシークエンスで中庭の見え方が変化し、壁に埋め込まれた
丸いアクリルから光が射します。
03_8545-450.jpg

テーブル席からの見返しは、特徴的なブルーの壁。その奥にはカウンター席。
04_8544-450.jpg

街中にいることを忘れ、中庭を見ながら薫り高い珈琲とともに贅沢な時間が
ゆっくり流れます。スゥイーツとコーヒーのお替りも戴きました。
05_8542-450.jpg
中庭には池もあり、緑と一緒に四季の移り変わりも楽しめそうです。

このカフェを含むアパートメント傳(1998竣工)は、泉幸甫氏の設計。
賃貸アパートとオナー邸の一角にあります。

続けよう支援、気をつけよう 「余震、節電、放射能

一級建築士事務所のブログ設計への取り組み

FNS・フジネットワーク緊急災害時 動物支援本部Natural Dog Style

テーマ : ワンコ日記
ジャンル : ペット

世界遺産の旅-02

高山社跡で養蚕の予習をすませ、いよいよ富岡製糸場です。

正面入り口で記念撮影。日差しが暑いですね~
01_0049-450.jpg
ルナは・・・ どこで待ってる? 迷っていると・・・
ボランティアの説明員が近づいて来て、ガイダンス展示場と繰糸場の
室内以外は、ワンコOK。と、教えてくれました。 ホント?ラッキー!

東繭倉庫入り口にて。近々ペットNGになるとか?そうだよね~ 
ルナ、世界遺産に、お粗相しないようにね。Papaの方が緊張しました。
02_0038-450.jpg

素敵なタイルのサイン。明治初期の物でしょうか?
03_0035-450.jpg

チョット一休み、飲料水は屋外のみ可となっていました。ごめんなさい。
04_9938-450.jpg

世界遺産(西繭倉庫)とルナ。壮観ですね104.4m
05_9981-450.jpg

やっぱりここは はずせない。繰糸場140.4m
06_0006-450.jpg

07_0010-450.jpg

ちょんまげが残る明治初期、国を挙げて近代化に取り組むエネルギーが
タダならぬ迫力で、スゴ~イ!

大型養蚕家屋の、田島弥平旧宅(伊勢崎市)と、天然の冷蔵庫、荒船風穴
(下仁田町)には、また改めて行ってみようかと思います。

続けよう支援、気をつけよう 「余震、節電、放射能

一級建築士事務所のブログ設計への取り組み

FNS・フジネットワーク緊急災害時 動物支援本部Natural Dog Style

続きを読む

テーマ : ワンコ日記
ジャンル : ペット

世界遺産の旅-01

思い立って世界遺産の旅です。ルナは入ることはできないかも・・・
養蚕飼育法を確立し技術者を育成した、藤岡の高山社跡に行ってみました。

道路から一段高い長屋門。沢筋への南斜面にその敷地があります。
01_9928-451.jpg

長屋門の奥に蚕室を持つ住宅があります。
02_9842-450.jpg

棟の換気口が特徴的で、1階の囲炉裏から、2階蚕室の格子床を通して
屋根まで空気が流れます。ルナはここで待ってて~
03_9859-450.jpg

明治24年の建物。2階の蚕室。
04_9890-450.jpg

南面した蚕室は、谷筋を渡る東風が爽やか。地形を利用した建物配置や
通気の工夫で、温・湿度管理を行い養蚕方法を確立。
05_9879-450.jpg

環境に調和した養蚕の技術開発と、人材育成の拠点として。
こんな所(失礼)からも、日本の近代化が世界に向けて発進。に、ビックリ!
06_9861-450.jpg

ルナは道路を挟んで、南側に流れる沢でmamaと水遊び。でも暑いね。
07_9915-450.jpg

世界遺産登録の祝賀イベントを終えて、少しのどかな週日の昼前。
専属でアテンドして下さった説明員の方や、ワンコ好きの説明員の方に
感謝しつつ、とても好印象の世界遺産でした。<続く>

続けよう支援、気をつけよう 「余震、節電、放射能

一級建築士事務所のブログ設計への取り組み

FNS・フジネットワーク緊急災害時 動物支援本部Natural Dog Style

テーマ : ワンコ日記
ジャンル : ペット

プロフィール

SundayLunapapa

Author:SundayLunapapa
アラ還のテリア大好きオヤジ
住んでる所:東京杉並のはずれ
好きな場所:木漏れ日の芝生の上
好きな事:昼寝
好きなスポーツ:テニス
好きな食べ物:イギリスパン
好きな飲み物:ジンジャエール
開設: 2009.08.12.

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
各種情報や、お気付きの点など、お気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード